あぁ、憧れのクーリッシュ

b0001290_145448.jpg
今年のアイスは、「ガリガリ君」と「クーリッシュ」が流行らしい。
ソーダ味の「ガリガリ君」は興味がないけど、「クーリッシュ」は一度食べてみたかった。

吸うアイスクリーム・「クーリッシュ」。

今日、まさに“「クーリッシュ」を食べたい気分の日”がやってきた!

早速、会社帰りに、コンビニで買って、食べながら帰ろうとした。
・・・ガチガチで吸えない。。。。

ところが、さすがはクーリッシュ。2分としないうちに柔らかくなって、吸えるようになった。
これは、アイスも、パッケージも、ただものではないな!?

味は、最近流行の、氷を混ぜ込んだバニラ味で、特に変哲もない。
ただ・・・正直、食べにくい。

溶け出しが早いだけでなく、その後もあっという間に解けてしまった。太陽の出ない、真夜中だと言うのに。
しかも、ストローは袋上部で切れているので、下のほうのアイスは押し上げなければならない。溶けると、吸うだけで(真空状態になり)簡単に食べる(飲む?)ことができるけど。
あのストロー、袋の下まで伸ばした方がいいと思うのは、私だけ??
クーリッシュは、明らかに大人を意識したアイスなのに、袋の上部をつまんで「チュウ、チュウウ」している姿は情けない。。。
そして、最期まで一生懸命吸わなければならないので、アイスがなくなった途端、舌がストローに引き込まれて、痛いっ! 舌に○型がついちゃった。。。

が、最近のアイスは“「ながら」食べ”される食べ物になっているらしいので、その意味では、片手で、しかも溶けることを気にしなくていいクーリッシュは、若者に受けるのかもね。

とはいえ、憧れのクーリッシュは、なんだかちょっと、ガッカリな結果に終わったのでした。 
くすん。
[PR]
by aromadolphin | 2004-08-19 01:03 | マーケティング
<< 横浜のイヌ 仔猫のあまやどり >>