<   2005年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ラヂオのすごさ

別宅にはTVがないので、ラジオをつけている。
これまでラジオなんてほとんど聞いたことのない生活だったので、かなりいろいろ珍しい。
でもって、ラジオの不思議な特性に気づいた。(?)

ラジオは1CH/1社。 テレビも1CH/1社。
でも、その大きな違いは、ラジオは大半が生放送だということ。
朝の5時だろうが、夜中の2時だろうが、常にDJは「今」の情報を伝え続ける。 これって、すごいこと。 だから、TVをず~っと見てると「ぼぉ~っ」と時間の観念がなくなっちゃうけど、ラジオはずっとつけてても、むしろ、家の中にいながらにして家の外の「今」を感じられたりする。
これだと、引きこもっていても、まるで、外界と接点をもっているかのような気になる。

そして、もう1点。 番組間の連携が素晴しい
TVが録画も多くスタジオもあちこちにあるのに比べて、ラジオは殆どが生で同じブースを使い続けるので、DJも前後の番組担当者との交流もあるし、てな感じでつながりが出来ていくんだろうけど、番組の最後には必ず次の番組の見所が適確に紹介されるし、場合によっては、DJの目の前に次のDJがいて、その様子が放送されたりなんかして、ちょっとあったかい雰囲気になる。 これはTVにはない世界で、かなり新鮮。

あと、ラジオのDJはすごいと思う。
夜中の人は結構、ちゃらんぽらんにやってるけど、日中の担当者は、本当に素晴しい。
情報の網の張り方が素晴しい。 仕事への情熱が素晴しい。
曲や情報ひとつにしても、紹介するときに必ず関連情報を折り込む。これがまた、事前に調べておいた、というよりは、日々の中のちょっとしたシーンでキャッチしておかなきゃいけないことだったりして、ブース外でも常に仕事の意識をもっていることがよくわかる。 そんな人が私より年下だったりすると、「すごいなぁ~。 やっぱり、プロはこうでなくっちゃ!」と感心する。

そんなわけで、いろいろ発見の多い、ラジオ生活。
「ラジオなんて・・・・」と、「テレビより下のメディア」と思っている方、ぜひ一度、ラジオの世界をご体験ください♪
[PR]
by aromadolphin | 2005-02-26 20:28 | マーケティング

あ~、こぼしたらごめんねぇ

立ち食いそばのような、カウンターのみで並んで食べるうどん屋さんに入った。
大きな荷物を持っていた私は、隣の席の足元に荷物を置き、猛然とうどんをすすっていた。
そこへ隣にやってきたおばあさん。
荷物をよけようとする私に
「あぁ、大丈夫ですよ、そのままで」

他によける場所もなかった私がありがたくそのお言葉に甘えようとした、その瞬間、
「あ~、でも、こぼしたらごめんなさいねぇ~」

うぐっ! こぼすんすか??
こぼされたら困るなぁ~、と思いつつもどうしようもなく、ハラハラドキドキ(?)うどんと鼻をすすり続けたのでした。
[PR]
by aromadolphin | 2005-02-22 22:37 | ひとりごと

どういうブログを読んでいるか

このブログのほか、もう一つ、ブログを持っている件は、以前に書きましたが。

実はそれは、『不動産購入の過程を記したブログ』でした。

日記をつらつら書いているこのサイトと違って、そっちは「30代女性が不動産を購入するまでの道のり」という具体的なテーマに絞って書いているので、このブログの訪問者数よりずっと多いのですが、そのアクセスログを見ていて面白いことに気づきました。

普通のブログは、更新情報があちこちに表示される更新直後(=更新日)のアクセス者が一番多いのですが、不動産購入ブログは、更新をよくする土日も確かに多いのですが、それ以上に水曜日の訪問者がダントツに多いのです!

水曜日、それはつまり、不動産屋さんの定休日

そう、恐らく、不動産業界の方が、休みの日に、仕事のための参照情報として訪問してくれているようなのです。 「あの子、どうなったのかな」と。
ま、たしかに、不動産を購入する人の心理が赤裸々につづられているものは少ない(?)ので、営業成績を上げるための情報が満載のこのサイトは、少しはお役に立ったのかしら。

それにしても、お休みの日にも仕事のための情報チェックだなんて。

不動産会社の人って、案外、偉いなぁ~、と、ちょっと感心したのでした☆
[PR]
by aromadolphin | 2005-02-19 02:03 | マーケティング

母は偉大なり

私の母は2~3年前(←既に思い出せない。。)に亡くなっています。
私は母と合わず、正直、亡くなると聞いても、悲しくもなんともありませんでした。
初めて人が死ぬ瞬間を目の前で見たときには、さすがにいろいろ思うことがありましたが、それでもそれまでの私を悔いることはありませんでした。

そんな中、母の死後の財産整理で、母の貯金がいろいろと出てきました。
私の母は塾を経営していたので普通の主婦よりは貯金があるとは思っていましたが、その額は(私にとっては)驚くべき額でした。
それらを残された家族で均等分配し、「すごいなぁ~」と思っていたところ、なんとまだ追加があることがわかりました。

母は一体、こんなにお金を貯めて、何がしたかったのでしょう。
これだけあれば、あの田舎では、相当優雅に暮らせたはずです。
父も定年まで健在に働いていたので、二人で、もっともっと人生を楽しめたはずです。

母は「仕事・命」の人だったので、お金を使うことより仕事をすることの方が楽しかったのかもしれません。 それはそれでよかったのだと思うのですが、今、開業準備をしている私としては、たとえ(母は父の収入で生活していたので)自分の収入をすべて貯金できるとしても、これだけの額を貯めるのがいかに大変かはわかっているので、ただただ驚愕です。

そして今、私は、そりが合わず、むしろ憎んでいた母が遺してくれた財産を使って、好きなことをやろうとしているのです。(もちろん、半分以上は自分で稼いだのですけどね。。。)

仕事優先の人生を楽しむことで、私に憎まれた母。
そんな母の死の際、誰も責めないのを見て、人生を楽しむことに決めた私。
そして、憎んでいた母が遺してくれた財産を使って、歩みだそうとしている私。
・・・そう考えると、とても複雑な気持ちになります。

「母は偉大なり」

どこがや、と、思い続けてきましたが、その生き方に、今、そう思います。
[PR]
by aromadolphin | 2005-02-12 19:02 | ひとりごと

人体の不思議展

以前より大人気の、『人体の不思議展』。
「あんな気持ち悪いもん、誰が行くもんか!」と思っていたけど、あまりに人気があることと、アロマで人体生理学について知っておいた方がいいこととで、たまたま近くに行ったので、ついに体験してきました。
http://www.jintai.co.jp/main.html

結果。   ・・・・・・・・やっぱり気持ち悪かった。。。。

寝不足・空腹状態で行った私は、倒れるかと思いました。
ミイラや肉をひっぱがした人体、神経、人体の輪切り などなど。
そんなすさまじいものが展示してあるのに、なんと、小さな子連れの親が多かった。
中には嫌がる子供に「なによ、情けないねぇ~!」と、叱咤する母親まで。
おぃ、おぃ、こんなの平気で見るような子じゃ、どんな大人に育つのよ、ねぇ。
で、それが育った(?)10代女性は、というと、 「へぇ~、すごぉ~い、面白いねぇ~♪」と、目が爛々☆  お、面白い、だとぉ!?

日本の将来に絶望感を抱いた、ある意味、『人間感覚の不思議』でした。
[PR]
by aromadolphin | 2005-02-11 19:06 | ひとりごと

露出狂

昨日、露出狂に会いました。

駅からの帰り道、「なんか、向こうから股間を突き出したような、変な歩き方の人が近寄ってくるなぁ~」とは思ったのですが、考え事をしていたので、黙々と歩いていました。

で、その人が通り過ぎて、しばらくしてから

「・・・ん? そう言えば、今、何かが飛び出していたような・・・。 あ、露出狂だったんだ!

・・・Mr.露出狂、すみませんね、気づかなくって。

でも、小雪のちらつく寒空の中、一体彼は何が楽しくて、不要に素肌を寒気にさらしているのでしょう。。。
冷たくなると、気持ちいのかしらんね?
[PR]
by aromadolphin | 2005-02-11 18:50 | ひとりごと

やばい、やばい!

起業についていろいろ考え事をしていたら、眠れなくなっちゃった。。。
一応、眠いんだけど。

お肌にも悪いし、寝たいよぉ~ (Θ.Θ)
[PR]
by aromadolphin | 2005-02-06 05:20 | ひとりごと