カテゴリ:おしごと( 19 )

大企業の買収劇。

昔とった杵柄(?)を生かし、提案書を書く仕事を請負っています。

実は今、とある企業(A社)と某東証一部上場企業が共同で新会社を作ろうとしており、その上場企業から資金(約1億)を引き出すための提案書を作成しているのですが。

なんと、恐ろしいことが怒りました。
A社の社長はまだ了承していないのに、上場企業が勝手に「A社を買収します」と、新聞発表してしまったのです!!

もともとA社と上場企業は、某新事業を新会社としてやるか、A社を吸収合併してやるか、検討中だったので、「買収」話は必ずしもウソではありません。
でも、A社社長は、上場企業の提示条件が最近おかしくなってきていることに気づき、この交渉に慎重になったところだったんです。「最悪の場合、この話はなかったことにする」って。
そんな最中の、買収公表。

正確には「買収する予定」との発表だったのでウソの公表、というわけではありませんが、それにしてもA社社長からすれば、外堀を固められた状態。
・・・恐らく、A社社長の意思に関わらず、上場企業側の思惑に従った買収劇として決着がつくんでしょうね。

新聞発表されたのが、誰かが意図的に行ったものなのか、雑談していた内容を勝手に記事にされたのか、そのあたりはわかりません。
でも、大きな会社はちょっとした行動が大きな反響を呼ぶことになる可能性もあり、改めてその恐ろしさを痛感しました。
[PR]
by aromadolphin | 2006-02-08 14:41 | おしごと

納得いかんっ!

なんだか、納得いかないことが2点。

1点目。
現在の顧客窓口。前にも書いたけど、とんでもなく困った人達で。
特に、委託元のA氏とB女子は、無責任で自分の仕事をまったくせず、すべてうち(受注者)に押し付けて、自分達の非もすべてうちのせいにして文句ばっかり言う、という、人道はずれたお二方
昨年初からず~っとにこやかにご対応してきましたが、もう我慢の限界、ということで、今後引き継ぐことだし、、、と、最近は、お二人に直接関わらないようにしてきました。
が、今日、どうしてもちょっと関わることになってしまって。

本来、A氏・B女子がすべき業務を「できない!」というので、ずっと私が代行してあげていたんです。が、「今後のことを考えると、やはりその業務は委託元ですべきだね」と顧客上層部が判断し、A氏・B女子に引き継ぐことになったんです。(本来の場所に戻す、ということですね)

が、働きたくないA氏は、とにかくやりたくない一心で、「それは(僕達が担当と)決まったわけじゃないよね」と、顧客上層部の指示なのに引継ぎを認めない
で、B女子は、というと、さすがに引き継がなきゃいけないことはわかってきたらしいんだけど、その業務がいかに大変か、ということがわかっているので、プレッシャーで引きこもってしまいました。で、会社に出てこないので、結局引き継げない。 そんなにプレッシャーを受けるほど大変だと思うんだったら、今まで、なんであんなわがまま放題な文句ばっかり言ってきたんだ!と、その身勝手さに、またまたムカツキ。


そして、さらにもう1点。
私の退職に伴い、社内でも引継ぎをしてるんだけど、あまりの業務に一人の人では引き継げず、結局いま、4名が専任で導入されています。 ・・・今まで、私は一人でこなしてきたのに、なんでなん?? しかも、その一部は顧客に引き継ぐので、社内に引き継ぐ仕事量としては70%ぐらいなのに。
今まであれだけ私が「人を入れて」と言っても入れてくれず、「下に人が付いていない」という理由で昇格もさせなかったのに、一体、私のことをなんだと思ってるんだろうね。
私が退社を決めた理由としてこのことを話したら、社長は慌てて「課長にするから残って」と言ってきたんだけど(←これが先日の社長との面談内容)、気持ちはありがたいけど、人のことをバカにするものいい加減にして欲しい、と思う。
今までこんなにひどい扱いをしてきて、「辞める」と言ったら課長にすると言い出して、逆に、そんな軽率な昇格で私の気持ちが変わると考えてる、その考え方にまったく承服できない。
いったい、どこまで人をバカにしたら気が済むんだろう。

社長にはよくしていただいたので、お気持ちは本当にありがたいけど、そんなことより、残された「質のよい」人たちを適切に処遇してあげてください、と、私見に基づく「質のよい人たちリスト」をお渡ししておきました。(←教えて、と言われたので、ね)

 「質のよい人たち」、今後、私のような扱いを受けないことをお祈りしております。

あ~、それにしてもムカつく。
こんな会社、本当に辞めてよかった!


■追伸:2005/05/20

昨日、更に1名追加されることになりました。
・・・一体、どういうことやねんっ!!!
会社よ、私の存在価値を思い知ったか。 ふんっ!
[PR]
by aromadolphin | 2005-05-18 23:57 | おしごと

東京メトロ ・ 表参道

またまた働く人の話題です。

表参道駅が今、大規模改修工事とやらで、あちこち狭くなっているのをご存知でしょうか?
見た目も悪いし、狭くて通りにくいし、、、と、最悪の状況なんだけど、実は私は、表参道駅を通ると、いつも嬉しい気持ちになります。

というのも、交通整理のおじさま方がみなさん、素敵で。

・・・別に私はおじさんフェチでもないし、おじさまもみなさん、普通の、定年退職後のバイトって感じのおじさんなんだけど。

恐らくどっかの会社でそれなりの地位を占めてきた方々だろうと思うんだけど、みんな、階段の昇降口に立って、昇る人と降りる人が衝突しないように、整理してるのね。
それが、ただ『ぼ~っ』と立ってるだけじゃなく、両手を広げて柵(?)を作りながら、大きな声で「階段を上る人がおられます。恐れ入りますが、少しだけ開けていただきますよう、ご協力お願いいたします」
って、ずっと声を出しながら整理してるの。 その一生懸命な姿が素敵で。

仕事としては「人混みに立って、両手広げてるだけ」という、特別な能力を必要とするわけでも何でもない仕事なんだけど、彼ら的にはただ『ぼ~っ』と突っ立ってるだけ、ってことも出来るのに、しっかり大声を張り上げてくれるから、ちゃんと人はぶつかりもせず、行きたいところに行けるわけ。 その意義は、とても大きいと思う。

仕事って、そういうもんだと思うのよね。
確かに、特別な能力を必要とするすごい仕事もあるかもしれないけど、ほとんどの仕事が地味~な、細かい「作業」レベルだと思うのね。
でも、それを真面目に一生懸命できるかどうかで、その人の仕事の価値が決まると思うんだよね。

ま、おじさんだからいろいろあるとは思うけど、こういう真面目な会社員ばっかりだったらいいのになぁ~、と思いながら、いつも嬉しく眺めているのでした。

おじさま方、これからも頑張ってっ!
[PR]
by aromadolphin | 2005-05-18 00:22 | おしごと

退職願

今、退職願を書きました。
もっと早く出したかったのですが、社長が最後の説得をしたい、というので、今日まで待つことになりました。(本日が最後の説得の日だったので)

既に4回転職している私にとって、退職願を書くのは珍しいことではないのですが、それでも今回はちょっと感慨深いものがありました。

「これを出したら、もう、社員には戻れないんだな。。。」

独立する私にとっては、この紙を提出した瞬間からサラリーマンとしての甘い生活とはお別れになります。 自ら選んだこととは言え、いざとなると、なかなか勇気がいります。
もちろん、いざとなればお店を閉じて、どこかに就職すればいいだけのことなので、いつでもサラリーマンに戻れるのですが、基本的にはそうならないように頑張りたいので。。。

さっき、過去(10月)の「季節も社会情勢もわからずひたすらに働き続ける暮らしに、何の意味があるんだろう。。。」というブログを読み、本当に今の会社を辞めることにしてよかった、と思いました。

それでも、(今の会社には何の未練もありませんが、)サラリーマンという地位に魅力がないかと言われれば、その安定性にはそれなりの未練があります。それを捨てて海に飛び込むことが本当によいことなのかどうか、正直、不安になることもあります。

が、ここまできたら、今更引き下がることはできません。
最悪の場合にもリカバリーの効く今だからこそ、荒波に飛び込めるのだと信じて、振り向かず突き進みたいと思います。

明日、退職願を提出してきます。
[PR]
by aromadolphin | 2005-05-13 00:47 | おしごと

「あんたなら、成功するやろ」

今日、社長に6月に退社する旨を説明してきました。

起業する旨を話すと、「あ~、あんたなら、成功するやろ」と言ってくれるのですが・・・う~ん。
友達もみんな、「○○ちゃん(←私)なら、成功しそう」と言ってくれるけど、まぁ、世の中、そんなに甘くないやろ、と。

みなさん、私が失敗して一文無しになっても、温かく迎えてやってねぇ~☆
[PR]
by aromadolphin | 2005-04-02 00:02 | おしごと

う、うおぉ~!

昨日、こんなこと↓ を書いていたら、その影響か、今日、いきなり個人宛に

「インターネットTVの将来性をアピールした企画書」

の依頼がきたぁ~!!

超・ハードスケジュールの依頼なんだけど、せっかくのチャンスなので、挑戦してみようと思います。 最近、ネットの世界と離れてたから、ちょっと不安。。。。

ま、ベストを尽くしてがんばりましょうっ!!

PS:
今日の「うらないまぐまぐ」は「今までやってきたことが認められ、大きなチャンスが舞い込む日」でした。当たってるっっ!!
もう一個、認めてもらえてもよさそうなことがあるんだけど、そっちはどうかなぁ~♪
[PR]
by aromadolphin | 2005-03-22 23:39 | おしごと

応援団がついてくれた!

今、「とんでもキレキャラ」なお客様とお仕事をしております。

いくつかの部署の方と横断的に仕事をしているのですが、ある特定の部署の方はなぜかみんなキレキャラで、弊社一同、非常に困っています。
で、弊社の各担当者がキレキャラとの調整が不能になると、助けを求めて私のところへやってきて、私がキレキャラと戦う、という構図なのです。
ま、気分は『マンモスやカモシカを捕りに行く原始時代のおとうさん』ってとこですな。

ところがこの狩人の私ですら、ついに最近、手に負えなくなってきました。
で、仕方がないので、どうしようもないキレキャラメールに対応する際のみ、組織の超・偉い人をCCに入れさせてもらうことにしたんです。(勝手に)

そしたら、彼らが応援団になってくれて
はっきり言って、「キレキャラ」のような人物は「雑魚」なんです。だって、正しい判断・正しい発言をできないんだから、当然ですよね。
そんなキレキャラに取引先が淡々と、冷静に正しい対応をしていたら、キレキャラの上の人は自分の組織のキレキャラの言動を恥ずかしく思うのは、当然なわけで。

そんなわけで応援団から温かいお言葉と多大なるご支援をいただき、ホント、涙の出る想いです。 今まで平気なフリしてたけど、本当に辛かったからねぇ~。

そんなわけで、ちょっぴり感激に浸っている今日この頃です。
いやぁ~、よかった、よかった♪

PS:
ムカつく相手とお仕事をしているあなたへ。
ムカつく相手を『キレキャラ』等のキャラクターに見立てましょう。 すると、何かムカつくことを言ってきても、「おっ! キレキャラの登場だな?」と、まるでゲームをやっている感覚に(ちょっぴり)なれます。 (ま、それでもムカつくんですけどね)
仕事中は少しでもストレスを受けないようにし、仕事が終わったら、そいつのことは一切考えないのが健康な毎日を過ごす秘訣ですね♪
[PR]
by aromadolphin | 2005-03-10 12:32 | おしごと

残業・200時間

・・・1ヶ月の残業時間がついに200時間を越えました。
システム系の人には時々あるようですが、少なくとも私の周りのシステム系で自称・「これぐらいの残業時間は経験したことがある」人の働きぶりを見ていると、どうもそれと一緒にして欲しくない気がします。
・・・だって、遅刻ばっかりだし、雑談してるし、タバコばっかり吸ってるし。
(ま、きちんとしている人もいるんでしょうけどね。。。)

ま、それはさておき。
私もだんだん自分のペースがわかってきました。

【残業時間/月】
~130時間 平気
~150時間 数ヶ月続くとツラい。
~180時間 1週間のうち丸1日眠る日を作らないと起きれなくなる
180時間~ 目覚ましに気づかなくなる

・・・というわけで、200時間を越えている現在の生活状況はボロボロ。
食事もロクにできないので、自慢の黒髪も、なんだかパサパサ、生活じみて来ました。。。
が、まぁ、自分のペースがわかってこれば、事前に調整もできるようになるので(「これ以上働かせると起きれなくなりますけど、いいですか?」な~んて。)、ま、それはそれで有効か、と。

今年は、クリスマスもお正月もありません。
なんか、妙にクリスマスソングが悲しく響く今日この頃でした。
[PR]
by aromadolphin | 2004-12-17 13:43 | おしごと

やっぱりいい子だ!

先日、新しく来てくれたヘルパーさん(Rちゃん)のお話はしましたが。

1週間経ってみましたが、やっぱり「サイコー!☆」です。
こんなに私に合う子が他にいるのか!? という位。

昼間はあちこちから呼ばれる私はバタバタしており、Rちゃんとお話しすることは殆どできません。
でも、毎日「Rちゃんファイル」を作っておき、そこに指示を入れておくと、黙々と仕上げていってくれるのです!
しかも、私の前の加湿器も、定期的に状況を調べに来て、給水してくれるし。
文句も言わず、きちんと仕事をこなしてくれるRちゃんは、サイコーですっ!!
女子大生のRちゃん、学校に戻っちゃったら、どうしよぅ。。。

あんまり話をしないくせに、いまやRちゃんの大ファンなのでした♪
Rちゃん、今後も、よろしくね☆
[PR]
by aromadolphin | 2004-12-17 13:26 | おしごと

やったね!

・・・最近、1日20時間会社で働いているので、話題(カテゴリ)が「おしごと」以外、全然なくなってしまいました。・・・悲しいよぉ。。。

そんな私にも、いいことがありました。
ついに本日、ヘルパーさんがついたのですっ♪
・・・あ、既に昨日ですね。

派遣の女の子なんだけど、聞くところによると、なんと、大学生!
ぱっと見の印象は、緊張のためか顔もこわばり、言動も固く、「う~ん、ま、いっか」という感じだったんだけど、いざ仕事をお願いすると、とても気が利く!!
黙々と、テキパキこなしてくれ、さらに気も利く!
必要なことはちゃんと尋ねてくれるし、バタバタで細かいとこまで行き届かない私のとっては、かなりぴったりの方が来てくれたように思います。

よくよく聞いてみると、某有名アメフト部のマネージャーだとか。
こりゃ、すばらしいっ!

とってもいい方にめぐり合え、なんだか幸せ☆ な1日でした。 るんっ♪
[PR]
by aromadolphin | 2004-12-10 06:13 | おしごと