カテゴリ:ハイソな生活( 18 )

レクサス・ショールーム

うちの前のディーラーが閉鎖し、工事が始まりました。

うちは1●階で、ベランダからみなとみらいの夜景が一望できるベストポジションなので、どんな建物が建つのか、ドキドキ・ハラハラ。
この景色、奪われると、ちょっと辛いなぁ~。

で、受付の人に聞いてみると。
「レクサスの、ショールームになるらしいですよ。」

レクサスといえば、言わずと知れた逆輸入高級車。
そのショールームは高級ホテルのようで、接客も一流で定評がある。
しかも、工期は半年強。 ・・・ということは、高層ビルにはならないな、と。

よかった! これで、景観は保障された!
今、これが新築する、ということは、今後十~数十年は、建て替えをしないと思うのよねぇ~。
高層マンションが建つんじゃないかとビクビクしてたから、ほっ。

それにしても、「お宅の場所、どこですか?」と聞かれて、
「レクサス・ショールーム前、バーニーズNYのお隣です♪」
な~んて、ちょっと、かっこよくない!? ☆

(・・・わかる人には、これでうちに場所が特定できてしまうのですが。)
[PR]
by aromadolphin | 2005-11-02 13:08 | ハイソな生活

東京ディズニーシー

上京して早5年、ようやくTDSに行ってきました。
楽しかったよ!

3連休初日とあって混雑を心配したけど、思ったほどではなく、リラックスできました。
※TDS通の友人によると、これでもシーにしては、混んでいる方らしいけど。

アトラクションもいろいろあるけど、やっぱり私は街並が一番好きかな。
ディズニーが経営する、バハマの有名ホテルと同じような雰囲気で、異国感を堪能できました。

アトラクションは、海底2万里とセンター・オブ・ジ・アースというのに乗ったんだけど、まぁ、どちらも、それなりによく考えられてはいるけど、中の装飾がなんだか子供だましで、「ディズニーって、こんなんだっけ?」って感じ。ただ、どんなに目がつかなそうなところまでも手を抜かず、きちっと作りこまれてるところはさすがだな、って感じがしたけど。

b0001290_173017.jpgあと、ショーもいろいろ見ました。
強風により、中断されたり、内容を変えられたり・・・だったけど、こちらも素晴しく。
人が踊るショーでは、踊りは噂どおりのレベルの高さだったし、一番驚いたのは、洋服の早着替え。 よく、舞台公演を行う人の着替えが早い、というけど、それをしのぐ勢いなのでは?
なんだか、見てる方が驚くくらい、「あれ、さっきとまた服、違うよね?」って感じで、瞬きする都度、服装が違うイメージでした。

食べ物もシー内で食べたんだけど、昔、こういった場所だと「高くてまずい」が定説だったと思うんだけど、「高くなくて、おいしい」だった! これもびっくり!!
大人になったから高くないと感じるのか何かわからないけど、とにかくこれなら「お弁当、もってこればよかった!」という感じにならず、「せっかくだから、園内の食事を楽しもうねぇ~★」って感じでした。 うん、うん、ディズニーの作戦勝ち!!

そんなわけで、キャラクター好きではない私も、大満足のシーでした。
かなり満足だったので、なんだか久々にディズニーランドにも、行きたくなったわん♪
[PR]
by aromadolphin | 2005-10-09 15:23 | ハイソな生活

コンドルズ

“ハイソな生活”にカテゴライズしていいものかどうか、ちょっと悩むけど。。

友人のAちゃんの誘いで、コンドルズというグループのライブに行ってきた。
http://www.condors.jp/

コンドルズというのは、近藤良平という人が中心になった、30代の男性が中心となったダンスチームなんだけど、なんとメンバーの大半が、これが副業という、面白いチーム。
IT企業の社員や、先生、古着屋の社長などが、楽しみでやっているそう。

なので、もちろん、ダンスもそんな“一流!”というわけではないんだけど、こんな大胆な副業で暴れまわって、それでも普段は教壇に立って真面目な顔して教えていたり、せっせとPCに向かったりしているのか、と思うと、笑えて来る。 そんな生き方も、面白いと思う。
この日本にも、まだまだ面白い人はいるね!!

ちなみに近藤さんという人は、あの気志團の振り付けもしている人だとか。
あぁ気志團、一度見に行ってみたいものさ!
[PR]
by aromadolphin | 2005-09-28 02:54 | ハイソな生活

叶美香さまご推奨・いちじくのコンポート

随分古い雑誌を読んでいたら、叶美香さまが「美食メニュー」の1つとして、いちじくのコンポートを紹介していました。

・・・なんだか仰々しいメニューに聞こえるけど、作り方は至って簡単!

■いちじくのコンポート
【材料】
赤ワイン / 乾燥イチジク

【作り方】
・お鍋に、赤ワインと乾燥イチジクを入れて、煮る。


これだけ。

たったこれだけで、とってもおしゃれなものを口に出来る、という、なんとも不思議なお料理なのです。
(乾燥いちじくは、中華街に売ってるよ! 韓国で調達すれば、激安だし!)


で、調子に乗って、今度は「リンゴのコンポート」を作ってみました。


■リンゴのコンポート
【材料】
赤ワイン / 水 / はちみつ(または砂糖) / 薄くしたリンゴ

【作り方】
・お鍋に 赤ワイン / 水 / はちみつ(または砂糖) を入れてまぜ、そこに薄くしたリンゴ を入れる。
・ときどきリンゴをひっくり返す


これだけ。

リンゴを切ったり、途中で裏表をひっくり返したりする分、いちじくよりはちょっと面倒くさいかな。
でも、これだけでおしゃれなデザートができると思えば、ちょろいもんでしょ?
個人的には、WEBでいろいろ公開されている方法より、赤ワインを多めにした方が、色づきもよく、おいしいかな、と。


日頃手抜き料理を非難されているみなさま、ぜひ、お試しあれ。
[PR]
by aromadolphin | 2005-08-25 16:06 | ハイソな生活

玉ひで・極上親子丼

憧れの玉ひでに行ってきました。

お昼に参加するには11時から並ばねば、ということで、10時前に家を出て、ランチのために、11時から店前に並ぶ。 う~ん、無職でなければ、できない業でんな。

で、どれにしようか、と悩んでいると、後ろに並んでいたおじさんが、「極上親子丼がおすすめだよ」と。
聞けば、横浜市緑区から来ており、当店には何度も足を運んでいるとか。
なら、きっとそれがいいに違いない! と、極上親子丼に決定。

で、運ばれてきたのがこのメニュー。
b0001290_21204010.jpg

メニューよりちょっと色が薄いけど、まぁ、おいしそうかな。
で、さっそく舌鼓。

・・・・・・・。


まぁ、おいしいと言えば、おいしい・・・かな? やや男性的な味。
軍鶏(しゃも)が思ったより歯ごたえがあるし、ご飯もやや固め。男性的な味が好きな人は、きっと好きなんだろうなぁ。 私は・・・・。まぁ、嫌な味ではないけど。
たまごが少し甘めなのは、おいしかったです。
が、「ま、こんなもんか」と、話の種に、という程度で。
ま、280年(?)の歴史に舌鼓を打ったということで。
[PR]
by aromadolphin | 2005-08-23 21:26 | ハイソな生活

ビバ! 横浜開港記念みなと祭 国際花火大会

今日は、表記花火大会でした。
「新居から見えるかなぁ~?」と思っていたら、なんと思いのほか、よく見えました。
こんなことなら、友達を誘っておけばよかった! (Θ.Θ)

b0001290_2181445.jpg久しぶりに見る花火は、ひまわりや土星のほか、ニコちゃんマークやネコニャンなど、いろんな形があり、また、円形の花火の、いつまでたっても光が消えずに空中に浮き続ける花火など、「お~っ!」と、ベランダで一人、歓声を上げっぱなしでした☆


花火は花火そのものも好きだけど、すごい花火が上がったときに、大勢の人が同時に「お~っ!」と感嘆の声を上げたり、終わりの時にみんなが拍手したり、というのも好き。
特に今回は横浜だからか、すごい花火が上がると、感嘆や口笛(?)など、リアクションがハデで、私好み♪

一度にこれだけ多くの人を感動させられる花火こそ、まさに真のエンターテイメントだと思う。
私は、花火師と結婚したいな。

そして、花火の間は観覧車のイルミネーションを消す、という気の利いたことをする横浜も、やっぱり好き。
あ~、今日は大好きなものに囲まれて、幸せでした☆
[PR]
by aromadolphin | 2005-07-17 21:08 | ハイソな生活

さらば、ボロ株くん!

株をやっています。

・・・と言っても、本当の株屋さんに一番嫌われる、ボロ株買いのデイトレーダーだけど。
10万円/日 未満の取引なら手数料無料のサービスを利用して、ちょこまか、遊ばせてもらってます。

取引金額が10万円未満、なので、必然的にボロ株しか買えないのですが、今、株取引の驚異を目の当たりにしています。

というのも、知る人ぞ知る、『アイビーダイワ』株。
従来、私もお世話になっていて、18円で買って22~25円で売る、などの動きをさせてもらっていたのですが、その株、このところ急騰し、なんと、まもなく180円になります。 そう、10倍。
そして、残念ながら私は今、この株は持っていないのですねぇ~。 う~ん、残念。
他の株が上がりだしても直ぐに止まっちゃう中、当株は天井知らずで上がっています。
・・・実は70~80円の頃、「すごいなぁ~」と思ったんだけど、「もう、終わるだろう」と思って、買わなかったのね。 あの時でも遅くないから、買っとけばよかった。。。
そして先日、117円位になった時に、意を決して買おうかとして、気づいたのでした。

「あ、既にボロ株じゃない。。。」

そう、3桁になってしまうと、10万円未満の取引をしたい私にとっては、遠い存在になってしまうのでした。 が~ん。。。

さよなら、アイビーダイワ。 みんなにかわいがられるんだよ。
そして、その他の私の持っている不調なボロ株君たち、アイビーダイワを見習って、頑張ってっ!!!
[PR]
by aromadolphin | 2005-06-13 11:28 | ハイソな生活

アラブの国では・・・・

先日の参加連絡が遅れたコンテストの授賞式に行ってきました。
タイミングを逃したので、「ダメだ・・・」と思いつつも、「もしかして・・・」と淡い期待を抱いてみましたが、大賞が発表された時、「・・・あれ? 私じゃない。。。」という感じでした。
ま、世の中、そんなもんかね。

ところで、会場は六本木ヒルズだったのですが、とってもかわいいものを見つけてしまいました。
b0001290_18552860.jpg
アリーナでいつものごとく、催し物をやっていたのですが、今日は、アラブの何かで。
で、写真のようなテントが張られてたんだけど、・・・・よく見てっ! 羊がテントを引っ張ってるっ!! (もちろん、人形だけどね)

あまりのかわいさに、思わず写真を撮ってしまいました。
う~ん、Good Idea!!!
[PR]
by aromadolphin | 2005-05-22 18:57 | ハイソな生活

プリンセス・テンコー

行ってきました、プリンセス・テンコー ジャパンツアー!

b0001290_140559.jpgずっと「一度見ていたい」と思っていたテンコー、今秋結婚引退か?と囁かれる今、放っておくわけにはいかない!と、さっそくチケットを入手しました。
世界のテンコーともあろうものが、なんとS席5500円。 ちょっと安すぎるんでないかい?

ショーは不思議な空気に包まれながらも、よかったよ。
歌やら踊りやら、ちょっとマジックを盛り上げるための余興が多すぎるような気もしたけど、でも、マジックはさすがに一流。

箱に入れた人を切るお決まりのマジックでも、顔の箱と足の箱の場所を入れ替えるなど、やり方が大胆だし、大砲の中に入ったテンコーは、本当に瞬間移動で客席に移動するし。
あと、空中浮揚も面白かったよ。 あの、のんびり、にこにこした顔のまま、本当に空中に浮かぶの。 左手の棒をはずして両手離しになってくれなかったのが残念だけど、それでもどう考えても何かに支えられてる感じではない。

そして私が一番感心したのは、実はチームテンコーのメンバーがやった余興マジック。
お客さんに出てきてもらって、引いたカードをあてる、というお決まりのマジックなんだけど、そこはチームテンコー、一味違う。
「これでしょ?」とカードの絵を画用紙に描くんだけど、散々間違えて、「おかしいなぁ、おかしいなぁ?」といいながらカードの束の絵を書いたら、最後は、そのカードの束の中から、お客さんが引いたカードが1枚だけ、ススス~ッと、上に上がってくるの。 わかる?
“カードが合ってる”ってこともすごいけど、それ以上に、絵に描いたカードの絵が、勝手に動くんだよ!! しかも、その画用紙は最後にお客さんに上げてしまっているから、特別な画用紙だ、というわけでもないらしい。 めちゃくちゃ不思議。

そういう、「期待をさらに上回る驚き」を与えるところが、さすがだなぁ~!と感心していました。
ま、今、マーケティングに最も必要だ、と言われるところでもあるんだけどね。

ところで、テンコー。 このあとは、アラブの王様のお誕生パーティーに出演するそう。
王様一人のために、ショーをするんだとか。(本当に、部屋に、王様しかいないらしい)
で、その王様が、油田をくれた人なんだとか。

・・・油田をもらった、って話は週刊誌で聞いてたけど、いざ本人の口から「前回はお土産に、油田をもらいましたの。えへへ」と言われると、なんだか迫力が違ったわ。
いいなぁ~、油田。 私も欲しい! ・・・ホワイトタイガーでもいいけどさ。
[PR]
by aromadolphin | 2005-05-17 01:42 | ハイソな生活

『live image』   一流って、素晴しい!

『live image』へ行ってきた。 そう、葉加瀬太郎やゴンチチが出演する。
も~、素晴しかった!

b0001290_23205321.jpg
私の期待は、葉加瀬太郎松谷卓
葉加瀬太郎は、情熱大陸やエトピリカを聞いて、一度、どんな人か見てみたいと思っていた。
松谷卓は、初めて『ビフォー・アフター』を見たとき、改造すごさと同時にBGMのすごさに驚き、一度見てみたいと思っていた。
そして、その期待に背かず、素晴しいステージだった。

ピアニストは何人かステージに上がったけど、(ひいき目かもしれないけど)松谷卓のピアノが、一番柔らかく、温かい音色に聞こえた。 まるでピアノじゃないような。
バイオリニストはこれまで数々の公演を見てきたけど、どんなにすごいと言われる人でも必ず「キーッ」という、あの嫌な音を立てるのに、葉加瀬太郎は、それがなかった。 体のイメージどおり、とても太く深い音色を出すんだけど、高音になっても、絶対にあの「キーッ」が出ない。
すごい人だと思った。 会場を盛り上げるのもうまいし。

そして、もう一つとても気に入ったのが、ゴンチチ
うわさには聞いていて、CMソング等で聞いて知ってはいたけど、生で聴くと、どこかへ連れて行かれてしまった感じだった。 中でもチチさんが、特に吸い込まれてしまった。
ゴンチチといえば癒し系の曲だけかと思っていたのに、超ラテン系な踊りだしそうな曲もあって、ものすごく私好み。 トークも面白く、この人達のコンサートは、ぜひ一度行ってみたいと思った。

そんなこんなで、精神的に遠くに連れて行かれてしまった3時間。
こんな素晴しい人達と同じ空間にいて、生で演奏を聴けるなんて、なんて幸せなんだろう!と思ってしまった。 あれで7800円は安い!!!

彼らは仕事で弾いているというより、とても楽しそうで、私もいろいろと「こんなことしたいな」「あんなことしたいな」と、またしても楽しい課題がどんどん増えてしまった。
これが一流のすごさだと思う。

いつか、私も何かの分野で『一流』と呼ばれる人になり、彼らと同等に会話できる日が来て欲しいな、と、新たに野望を燃やしたのでした♪
[PR]
by aromadolphin | 2005-04-24 04:06 | ハイソな生活