超・モテ期

人生のうち1度は「超・モテ」になる時期が、誰にでもあると言われている。
私は、というと、高校時代にそれなりにモテたこともあったものの、「超・モテ期」と呼ぶにはあまりにお粗末で、「私の人生なんて、そんなもんかな」と思ったりもしていた。

ところで、最近、恋愛についてばかり考えている私ですが、昨夜、ついに闇が晴れました☆
よく考えたら、私は今、結婚したいわけではありません。ただがむしゃらに「好き」という想いを抱いてみたいだけで。
逆を言えば、今、がむしゃらに好きになる相手は、必ずしも結婚相手としてふさわしい相手ではなくてもよいわけで。
私はものすご~くよくあたる占い師さんに「結婚するのは、(今から)7年後」といわれているので、それまでは結婚する気がありません。
だったら、話は簡単! 好きなように、遊べばい~んじゃないっ!!

遊び相手って、どこにいるのよ。。。と思ったのですが、とりあえず、やってみたかったことを全部やってみようかな、と思っています。
で、まず頭に浮かんだのが、夜遊び。

素敵な女の子は必ずと言っていいほど、「クラブ」に出入りしています。(または出入りしていました)
ところが私は、興味はあったものの、「虚空の世界」っぽいあの雰囲気に反発心があり、今まで一度も行ったことがありません。一体、何を着ていけばいいのかわからないし、そんななかでドギマギしている自分を誰かに見られるのも嫌だったし。

そんな中、最近、とってもよいお友達と出会いました。
彼女なら、安全なクラブの世界に連れて行ってくれそうな気がするし、彼女ならドギマギしている私もうまく受け入れてくれそうな気がしています。
これまで「しっかり者」の殻をかぶり、虚勢をはって生きてきた私が、殻から脱出できそうな気がしています。

既に結構年齢もいってしまってるので、どこまでクラブの世界の人々が受け入れてくれるのかはわかりません。
でも、やってみたかったことをやってみれるだけでも楽しいと思うし、私の本来の運命は(どんな占いでも)『恋愛の成功率はほぼ100発100中』らしいので、きっとこれまでうまくいかなかったのは、この殻のせいなんじゃないかな、と思って。
ちょっと気づくのが遅かったけど、でも、不器用な私にとってはこれまでの時間は殻を破る勇気を出すのに必要不可欠な時間だったので、まぁ、しょうがないかな、と。
年齢なんて言わなきゃわからないんだから、そう(歳がいっているように)見えなければいいんじゃないの?なんて思いながら。

そんなわけで、決定しました! (←鬼嫁風)
私の来年の目標は、『夜遊びして、遊ぶぞぉ~!!』

そういえば、これまた運勢的には、私は今年までが後厄、来年から当分は「飛躍の年」となるそうです。
な~るほど、そういうことだったのか! と、妙に納得した夜でした♪
[PR]
by aromadolphin | 2005-12-23 13:58 | ひとりごと
<< 教師・Sちゃん 飛び込めば、いいのにね。 >>